乾燥肌のこと

保湿が重要に

どうしても季節柄、肌が乾燥する時期というのがある。また生活のリズムの狂い、体調の変化やホルモンバランスの崩れなどからも乾燥は起こる。そんな時には保湿パックなどが有効であるが、あまりにも乾燥が酷い場合は低刺激のクリームだけを塗るという方法もあるという。乾燥が酷くなると肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こす。ひどい時には化粧水がしみたり、かゆみを感じたりすることもあるという。そんな時にはしみる様な化粧品の使用を一旦中止して、ワセリンや低刺激のクリームなどで水分の蒸発を防ぐのみにとどめるという方法もある。また乾燥して荒れている状態でも紫外線対策は欠かせない。クリームを塗った後にパウダーファンデーションかルースパウダー(粉おしろい)を重ねてケアするのが正解らしい。このケアを1週間ほど持続することで、肌は徐々に回復してくるはずだという。しかしその乾燥が一時的なものではなく、アトピー性皮膚炎という疑いもある。もし乾燥と同時に強い痒みを伴ったり、目の周りだけ赤くカサカサしたりする場合は早めの皮膚科の受診をオススメしたい。アトピー性皮膚炎と言うと、子どもの頃に発症するイメージがあるが、最近では大人になってから発症する“成人型アトピー性皮膚炎”も増えているというから、単なる乾燥と侮れない。アトピー性皮膚炎に限らず様々な肌の変調には日ごろから注意深く観察し、いつもと違う様子が見られた場合は早めの受診をオススメしたい。
とにかく、常にチェックするのが大事なのかな。変化とかって見落としがちだけど、そう言わずに、出きり限りでいいので、様子をみながら、気になったらすぐに診察を受けるくらいのほうがいいですね。後になって後悔するより、用心しすぎるくらいのほうが丁度いいのかもって思う。前とは随分考えがかわってきたかなと思うんだな。ミドリムシも結局は予防のために良さそうだしね。そう考えるとするこって次から次へとでてくるんだな。神経質な私らしいや。
そうえば、保湿にってなるとはだじゅんとうというのが人気みたいだな。奇跡の肌砂糖って名前だったのがかわったみたいですね。使い方も簡単そうだし。肌の乾燥がましになってくれたら嬉しいのですが。

 

乾燥肌対策のボディクリーム

 

結局いかに保湿するかが重要になるのが乾燥肌対策なのかなと思います。

 

とにかく毎日のケアなので根気よく続けることが大事になると思います。そこで途中でやめてしまうと、またカサカサしてきたりというのもあると思うので、長い目でがんばるしかないかなと感じています。ボディクリームも種類が多いので、購入しやすい価格帯のをいつも選んでいます。