肌のくすみ対策のこと

乾燥肌は大変

肌のくすみと乾燥

の乾燥肌に悩んで、もう13年になります。
すべすべだったお肌はあっという間に乾燥し、耳の付け根は切れて血が噴き出し、胸や肘膝の関節はつゆが出てベタベタし始めたのです。
顔も腫れ上がるので、赤ちゃんである次男の顔をのぞき込んだ人々は、かわいいではなくかわいそう、という言葉を掛けるのでした。小学校入学時までには軽快しますよ、とのお医者さんの言葉もむなしく、入学式の写真には掻きむしって真っ赤に晴れ上がった顔の次男が写っています。効くと聞けば、色々な薬を試し、何軒も病院を回りましたが、進展はなく、結局最初にお世話になった病院で今も診て貰っています。
単に乾燥肌といえど、本人の辛さは言葉で言い表せる程度のものではありません。一晩中、気が触れるかと思うほどのかゆみと痛さで眠れないのです。それに付き合う家族も精神的に追いつめられるのでした。しかし、それまで自分とは無関係だと思っていた乾燥肌と向き合うことで、ひどい肌の人を見て、時には気持ち悪いと感じていた自分を大いに反省する機会にもなりました。中学生になった次男は、まだ全身のかゆみに悩まされてはいますが、顔はきれいになりました。お風呂上がりに全身に保湿クリームを塗ることも、冬には指先や唇が乾燥して割れてしまう前に薬を塗ることも忘れずに続けています。
乾燥肌とはまだまだ長いつきあいになりそうですが、ずっと支えてくれたお医者さんや優しい看護婦さんに感謝しながら頑張っていこうと思うのです。

 

大人になっても乾燥肌に悩む人は多いですし美容面でいうと、肌のくすみとかにも影響するので、肌がカサカサしてると感じる前に対策はしておきたいところです。それが改善につながればいいのですが。